toggle
2016-05-17

旅の記憶 – 逆瀬川 –

photo-sakasegawa01

ギャラリー展示のお誘い

「うちのお店も元々おばあちゃんの家だから、展示してみない?」と兵庫県宝塚市にあるGALLERY+CAFE muguet(ミュゲ)のオーナー友佳子さんにお声がけいただいたのは、今から2年半前の2014年秋のこと。がん闘病を経て寛解後、同時期に他界した祖母の遺品を黙々と撮影して本に綴じながらリハビリを続けていた私を気にかけてくださり「あの本を展示してもっとたくさんの人に見てもらったらどうかな?」と背中押していただいた。

photo-sakasegawa04

「muguetさんのお家の記憶も展示しませんか?」と提案し、おばあさまのお家の改装からオープン後1年半の歩みを綴じた本『muguetのあしあと』も制作。私の祖母の遺品と祖母や家族との記憶と綴じた本とあわせて2015年1月に展示を行い、気持ちを新たに前へと進むきっかけもらった大切な場所となった。

photo-sakasegawa21

おばあさまのお家

「この家は人に喜ばれる場所として使ってほしい」というおばあさまの言葉がきっかけで、カフェを持つという友佳子さんの夢と、ギャラリーを持つというお母様 世津子さんの夢が1つになって生まれた、幸せの花 鈴蘭の意味を持つmuguet。

photo-sakasegawa18

「懐かしいと感じてもらえる空間にしたい」という思いから、残せるものは残そうと設計士さんと相談を重ね、家を一旦持ち上げて土間を打ち直す大がかりな耐震工事から始めた。お父様の勉強部屋はお手洗い、押入れは2名掛けのカウンター席、仏壇はキッチンカウンターに。畳は1部屋分残して縁側も広げ、築81年の昔ながらの平屋の趣を残した懐かしい空間が広がる今のmuguetの形に生まれ変わった。2013年5月6日にオープンして丸3年。ランチ時には予約でいっぱいになるほど、たくさんの人が集う空間に育っていた。

photo-sakasegawa20

3周年のお祝い

「5月4日は3周年のパーティーをするから」と友佳子さんからお誘いいただいたのは2016年の早春。その1日を綴じて『muguetのあしあと』の続編としてお贈りしようと伺った。「臨時休業」の看板を横目に格子扉を開けて中にお邪魔すると、ギャラリースペースは既に色とりどりの料理がずらりと並んだブッフェ会場に変わり、助っ人の友人がキッチンに集まっていた。

photo-sakasegawa25

縁側一杯に広がるお庭の景色は新緑が眩しく、オープン時に鉢植えでいただいたたくさんの紫陽花もすっかり根付き、今年も梅雨に向けて蕾を膨らませていた。昔からあったみかんと木蓮の木以外は、muguetのオープンに仲間入りしたもの。3年目の春を迎えてすくすくと育った木々の成長は、そのままmuguetさんの軌跡のように感じた。

photo-sakasegawa60

パーティーのはじまり

「皆さんのおかげで3周年を迎えることができました」と友佳子さんの乾杯の挨拶で始まったパーティー。古くからの友人、オープンから今日までお世話になった関係者、いつも来てくださるお客様など、気が付けば靴箱はとうに溢れて玄関いっぱいに靴が埋まるほど。来客を知らせるチャイムが鳴るたびに、皆が笑顔で目くばせをしながら席を譲り合う。

photo-sakasegawa39

中から手書きのメッセージが出てきた常連のお客さまからの贈り物のケーキ、遠方の方から届いたお菓子やお花など、ギャラリースペースにどんどん贈り物が集まる。muguetさんが腕を振るったお料理、お庭の燻製窯で作った自家製スモークも大人気で「食べ過ぎだわ」と呟きながらおかわりに並んでしまう人が行き来して、いつまでも人が途切れず賑わっていた。

photo-sakasegawa75

アコーディオンの響き

muguetを設計した設計士さん、ロゴやお庭を作った造形作家さん、ご家族や古くからのご友人、常連のお客様、ギャラリーで展示してくださった作家さん。ご挨拶するたびに様々な縁の方と出会い、改めてこの3年の間にミュゲで広がった人の輪の大きさを感じる。

photo-sakasegawa87

しばらくするとお店の奥に小さなスツールが2つ並び、ボタンアコーディオンデュオchika et saeさんのライブが始まった。オープン以来毎年ライブをしてくださっているお2人。会場の空気をそっと満たすような、優しい音色に皆で耳を澄ます。演奏終了後には、興味深々に眺めていた小学生の女の子がアコーディオンを背負わせてもらって初体験。小さな女の子から大人の男性までchika et saeさんのまわりに集まり、思わぬ体験会に目を輝かせていた。

photo-sakasegawa104

ありがとうの積み重ね

あっという間に日が暮れ、パーティーはいったんお開きに。お客様がお帰りの際は必ず玄関まで「ありがとうごさいました」と見送る友佳子さんと世津子さんの笑顔。今日だけで72名ものお客様にその言葉を贈り、ギャラリーの壁にはそのお返事のようなお祝いの言葉が並んでいた。1人1人のお客様を大切に歩んできたミュゲさんの「掌の記憶」。3周年の1日の記憶の欠片を、ここに贈ります。

>>掌の記憶(逆瀬川)はこちら
>>写真帖はこちら

Interview,Writing,Photo :藤田理代(michi-siruve)
2016年5月取材
*Special Thanks GALLERY+CAFE muguet

photo-sakasegawa105

関連記事